アメリカでもタウリンやハーブの機能が認められています。

肝機能の改善にはタウリンが良いと言われています。タウリンは、血圧の上昇にも効果があると言われており、アメリカの医学会でもその機能の高さが注目されています。

タウリンは普通の食品でいうとしじみに多く含まれています。しじみにはオルニチンという代謝を促す成分も含まれており、二日酔いに効果的と言われてます。ちなみに、オルニチンのサプリメントは数多く市販されていてhttp://しじみサプリ比較.xyz/などの情報も多いですが、その中でも協和発酵からも販売されているのが有名です。

また、アメリカではタウリンなどの食品に含まれる成分だけでなく、日本以上にハーブの効能についても研究が進んでいます。例えば、甲状腺機能低下症の人には、ホルモンバランスを整えるゼラニウムなどのフローラル系ハーブが効果的だとして注目されています。

甲状腺機能低下症の発症は女性の方が多く、ホルモンバランスが乱れることから生じるため、副作用がなくホルモンに働きかけるハーブなどが治療に適切であると医学の知見からも認められています。

 

肝脂肪減少の効果的な対処法とは?

20代の若い頃ならいざしらず、40代伴ってくると、自分の肝臓に自信がなくなってくるのではないでしょうか?20代では二日酔いにならなかったアルコールの量でも、40代では酷い二日酔いに…というケースは多いことでしょう。

肝臓は、沈黙の臓器と呼ばれ、自覚症状がないことが特徴です。そして、特に怖いのが「肝脂肪」です。肝脂肪の数値が多いと指摘された場合は、中性脂肪やコレステロールの増加が懸念されます。肝臓にある肝細胞のうち、半数以上に「脂肪空砲」が認められる場合、「脂肪肝」と診断されます。

こうした症状をお持ちの方の有効な対処法が、タウリン、オルニチン、亜鉛などを含んだサプリメントです。これらは、日常生活の食事からでも摂取できますが、より効果的に脂肪肝を解消するには、集中的に摂取できるサプリメントが効果的です。

特に亜鉛は、毎日体外へ排出するので、サプリでの定期的な摂取が欠かせないのです。40代以降も楽しくお酒を飲むためにも、亜鉛サプリの摂取をオススメします。

 

二日酔いに効果があるオルニチン

社会人になるとお酒を飲む機会も多くなり、悩まされるのが二日酔いですよね。二日酔いは、人間のアルコール分解速度を越えたアルコールを摂取することで起ります。主な症状としては、下痢、脱水、吐き気、身体疲労、頭痛、筋肉痛、睡眠障害、などがあり、発熱なども伴うことがあります。

二日酔いは、体が発する危険信号で、アルコールの摂取を控えるようにという警告でもあります。特に、若い頃は、自分のいいところを見せようと、無理に大量のアルコールを摂取してしまう傾向にあります。そのような過度のアルコール摂取を繰り返していると肝臓を損なう原因となります。

更に、40代を過ぎると、肝機能の低下が顕著となり、二日酔いにもなりやすくなります。これらの症状を防ぐには、肝臓の機能を助ける栄養素を十分にとることが大切です。肝機能を助ける代表的な栄養素に「オルニチン」があります。

オルニチンは、しじみなどに含まれるアミノ酸の一種で、肝機能を助け、二日酔いを緩和する働きを持っています。